ねぶそく裏表紙

遊んだゲームの感想を残してます

Don't open the doors!

f:id:ne63q:20170729143319j:plain

Steam:Don't open the doors! 

Anton Riotによる「Don't open the door!」は、工作用粘土によって物語られるハンドメイドアクションアドベンチャーです。建造物に自然、地を這う虫、その虫を潰すと飛び散る体液に至るまで、色とりどりの粘土で築かれた世界が舞台となります。

ある日、世界に「扉」が現れました。扉は増殖を続け、このままだと世界が扉で埋め尽くされてしまいます。それを防ぐには「Megabomb」と呼ばれる爆弾を作り、すべての元凶であるはじまりの扉を吹き飛ばさなくてはなりません。

突拍子もない幕開けに続けとばかりに、平和に至る道筋には突拍子も常識も持ち合わせていない粘土たちが待ち構えており、彼らが抱える悩み、もといクエストを消化していくことになります。

遊び始めるとすぐに、あまり褒められたものではない操作性が目に付き始めます。ゲーム後半にもなると、四方に棘をばら撒くサボテンが八方に埋め尽くされるといった、細かな動きを要求される場面が増えていくのですが、独特な挙動をする粘土主人公に苛立つことも少なくありません。

アイソメトリックビューな本作品では、主人公の周辺外は闇に包まれており、歩き始めると前方の暗闇が晴れて、鮮やかな粘土群がぽこぽこと顔を見せます。みんな大好きBastionのような、環境が産声を上げるようなアニメーションは備えておりませんが、これがまた楽しげな視界の開け具合なんですよ。

また「扉」の影響なのか、虫や洞窟の入り口といったあらゆる粘土が言葉を発します。思いがけない時に、予想外のものが喋りかけてくる道中は、緊張感とも言えないゆるい刺激が付きまといます。

前述の通り操作性には難アリですが、続きを見たい知りたいと引っ張ってくれる、絶えず冒険心をくすぐられる世界は一度足を踏み入れる価値大アリです。手放しに褒められる作品ではありませんが、知ってほしいゲームです。