ねぶそく裏表紙

遊んだゲームの感想を残してます

Tiny Echo

f:id:ne63q:20170903150223j:plain

tiny echo | Might and Delight

単眼っ娘が手紙を届けるポイント&クリックADV。

Humble Monthlyってご存知ですか?月額10ドルで毎月7,8本の作品が届くすごいサービスなんですけど、数か月前にこの作品のアーリーアクセス版が購読者特典として配布されました。それ以来、頭の片隅で存在感を放っていた作品です。

開発のMight and Delightは「Meadow」や「Shelter」シリーズの産みの親。目を引くアートワークで手に取らせ、独特なエッセンスで唸らせるスウェーデンの職人集団でございます。

しばらく遊ぶと気づきますが、この世界、葉擦れの音や動物の鳴き声といった自然の息遣いは聞こえるものの、言葉や文字が一切出てきません。非言語なゲームって別段珍しくありませんが、遊び手の心をガッチリ掴むか捉えられないか、非常に危うい表現方法だと思います。途中で飽きるどころか、興味を抱かせるに至らないまま、そっぽを向かれることだってあり得るんですし。

Tiny Echoの場合、私は飽きるどころかひと座りで最後まで遊びきりました。

うっとりするようなアートワークも惹きつけられた要素ではありますが、一番気になったのは手紙です。言葉も文字も出てこない(少なくとも私の目に映る形では)世界で、せっせと手紙を配りまわっているのが何だか可笑しくて。何が書かれているんだろうか、誰がしたためたものなのなんだろうかと、ぼんやり考えているうちに十三通配り切っちゃいました。このゲームは十三通の手紙を配ることが目的です。

パズル要素ありと表記されていますが理詰めで解きほぐす類はなくて、ちょっと環境にちょっかいだして自然の反応を楽しむようなものです。「詰み」には陥らないと思うのでご安心を。ささやかな仕掛けと温かみのあるアートワークによって、しかけ絵本を読んでいるような気分に浸れました。

次は「Samorost」を遊ぶ予定。