読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねぶそく裏表紙

遊んだゲームの感想です。ネタばれまみれです。週に一度は更新したいかも。

Slime-san

f:id:ne63q:20170408132400j:plain

Slime-san

巨大ワームに丸呑みされたスライムさんが、跳ねて弾んで形を変えて脱出を図る2Dプラットフォーマー。

ワームの体内に築かれた街「Slumptown」と、アクションステージの往復でゲームは進行します。

スライムさんの他にも結構な数の人々が飲み込まれていますが、己の境遇を悲観するどころか、小売業を営んだりゲーセンに入り浸ったりと、被食後の人生をそれぞれ謳歌している様子。にごり紙に蛍光ペンを走らせたようなポップなグラフィックも手伝って、閉塞感の欠片も漂っていません。

アクション面ではシビアなタイミングを連続で求められ、ひとつ踏み外すと即死亡となるお馴染みの感触。例によってリスタートも一瞬なので、苦の感情が湧く前に移動スティックを倒しています。制限時間内のクリアで取得できるトロフィーや、隠し通路の先に新たな住民候補が待っていたりとやり込み要素も豊富です。

PVに一目惚れし、期待通りの可愛さと歯ごたえで大満足な作品ですが、触って初めて気づかされた魅力に画面の揺れがあります。ゲーム中、画面を囲むミミズの内壁が終始ビクビクと蠕動運動を続け、これが小気味良いBGMと妙に歩調を合わせていまして、この様を視界の片隅に捉えているうちに、ノってくるのです。死とリスタートの高速ループも相まって止め時を与えてくれません。コントローラを持つ手が痛んで休憩を挟んだのは久々でした。

ちなみにこちら、4月度Humble Monthlyのラインナップのひとつでした。発売から日が経ってないというか同時だよね?みんなも購読しよ。

f:id:ne63q:20170408161807j:plain