読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねぶそく裏表紙

遊んだゲームの感想です。ネタばれまみれです。週に一度は更新したいかも。

Pony Island

20160126001835

「ポニーアイランド」という言葉の響きから、なんだか牧歌的なゲーム内容を勝手に想像しました。その印象はプレイ開始1分で吹き飛ぶことになります。

f:id:ne63q:20160106232808j:plain

New Gameの文字をクリックすると先程までの少々ドギツイ配色のタイトル画面とは打って変わり、モノクロのざらついた雰囲気に様変わりします。気を取り直してゲームスタートを押してみるも先に進みません。仕方なくオプション画面を覗いてみると

f:id:ne63q:20160107000853j:plain

いろんなゲームのオプション画面を見てきましたが、これほど各項目を弄るとどこがどう変わるのかわからないのは初めて。もう既にObscure Optionsなんですけど。

f:id:ne63q:20160107003928j:plain

なんだかんだあってようやく始まるPony Island。ジャンプ操作のみのシンプルなアクションゲームです。この時点で画面に映る情報をまとも捉える気はさらさらなく、次に何が起こるか構えている私。

f:id:ne63q:20160107012303j:plain

ポニーを愛でる時間もすぐに終わり、次に現れたのはデスクトップ画面と、何者かからのメッセージ。画面に映るルシファーもとい1U@iF#rさんは、遊び心のある名前ですが彼は本物の悪魔。ごく簡単に言うと、このゲームは色々なパズル要素を解いていきこの悪魔の手から逃げ出すことが目的となります。

こちらがとるアクションがひらりと躱され、ゲームそのものにからかわれている感覚。作者も名前を挙げていますが、Frog Fractionsとかああいったゲームが好きな人はドハマリすると思います。した。