ねぶそく裏表紙

遊んだゲームの感想を残してます

Off-Peak

f:id:ne63q:20170917113915j:plain

Steam:Off-Peak

「ロウェイトンに向かうのか?」

ゲーム開始直後、ベンチに腰掛けた老人に話かけられます。私はロウェイトンに向かう途中なのか。ロウェイトン…アメリカはコネカチット州にある駅名と出てきました。会話を続けていくと、親切にもロウェイトン行きの乗車チケットを譲ってくれると言います。しかし、チケットは幾つかの破片に千切れ、この先にある駅の構内に散らばっているとのこと。

チケットを求め駅に足を踏み入れた瞬間、視界に飛び込んでくるのは広々とした構内と、あたり一面の壁に所狭しと配置されたポスターや彫刻、グラフィティといったアート群。

恐らくグランド・セントラル駅をモデルにしたこの場所で、アート作品に見守られながら破片を拾い集めていくアドベンチャーゲームです。

駅にはいろいろな事情や目的地を抱えた人たちが集まっています。近づく私には目もくれず仲間内で会話に花を咲かせる人、内容が抽象的で私というより自問自答のような話しぶりの人、「巨人」がピアノの演奏を拒みどうしようかと頭を抱える人。

ゲームの会話ではたいてい私にとって都合の良い流れや情報をもたらしてくれますが、不特定多数の人が行き交う駅という場所のせいでしょうか、人々の背景の文脈を捉えることができず、途方に暮れてしまいます。巨人?

構内の非日常な景色に囲まれて、ずっと浮足立つ思いで歩き回ります。しかし、露店の商品をつまみ食いして怒られるといった俗な出来事も起こり、捉えがたい会話の中にも複数の人から発せられる共通の話題(この駅を支配するマーカスなる人物、サーカスと呼ばれる団体など)を聞くと、どうもこの世界は思ったほど支離滅裂というわけでもなく、最低限の秩序はありそうだとほっと一息、よし作品に潜むものを読み取ろうと襟を正したのも束の間、とつぜんホワイトアウトしてキノコに囲まれた場所で目を覚ます。夢心地がどこまでも付き纏って離れません。

いままで味わったことのない体験や景色というものは、ゲームを遊んで得られるものの中でも幸せな贈り物ですが、この作品はどこへ連れて行かれるんだという怖さが帯び始めていきました。

チケットの破片を集め、余韻といううっとりする言葉とは少し違う、一種の後味の悪さを残し駅を発つまで一時間弱の体験。ビジュアルと音楽(サイケデリックなエレクトロニカ?所々ジャズ。)と語りが奇天烈に溶け込んだこの駅は今年一番のおすすめスポットです。

cosmoddd.itch.io

精神的続編「The Norwood Suite」が来月に発売されるようです。舞台はホテルとのこと。これまた色々な事情を抱えた人が集まる場所で、楽しいことが起こりそうですね。