ねぶそく裏表紙

遊んだゲームの感想を残してます

ESC by Radical Dreamland

f:id:ne63q:20180614192817p:plain

ESC by Radical Dreamland

 

イチゴ狩りが限界を迎えた。

攻略法探しついでにいろいろな情報を漁っていると、Celesteの音楽を担当したlera raineさんはゲーム製作者でもあるということで、なんとなしに手に取った作品。ジャンルはインタラクティブフィクション。雰囲気が大きく異なる2つのパートを交互に読み進めていきます。

VerdaMUCK

あるネットワーク上に存在するロールプレイング専用のチャットルーム『VerdaMUCK』。この部屋で女性冒険家を演じるRaineの視点を通じて、他のロールプレイ仲間たちと繰り広げる冒険を追いかける。

テキストアドベンチャーの文化に疎いこともあって、地の文に凝る人、OOCタグを頻繁に使う人(Out of Character。キャラクターに則さない発言に添えるそうです)といった個性の振り方は新鮮でした。さらに臨場感をこれでもかと高める音楽と、〇〇 is typing…の長短でつけられる緩急が合わさって、何だか今まで見たことがない物と向き合っている気分に。

スゴイスゴイと興奮し釘付けになる私を尻目に、GMも意図しない異変が起き始める。

f:id:ne63q:20180612233350p:plain

Navigator's Log

Navigatorと名乗る人物から送られるメッセージを読み進めるパート。VerdaMUCKの冒険で大きな動きがあるとこのメッセージが幕間として差し込まれます。

読者に対する問いかけ半分、Navigatorの日記半分といった内容から見えてくるのはスマートフォン以後の近未来。文章の端々に「Cerebral Network」「mindat」といった見慣れない言葉が散りばめられて、私たちがまだ出会っていない概念と技術が普及した風景が描かれる。

VerdaMUCKとは打って変わって演出といった演出もなく、淡々と表示される文字を追いかけることになります。が、想像をかき立てるどこか俗っぽい近未来像や、だんだんとサスペンス調をおびていく日記によって、ファンタジー世界における冒険とはまた違った力で惹きつけられました。幕間どころか、続きが気になったのはこちらかもしれません。

f:id:ne63q:20180611102715p:plain

それぞれ違った魅力を楽しんでいるうちに、さてこの両極端とも言えるお話は互いにどう関わっていくのかしらと気になっていると、思わぬ形の相互作用が起こり始めます。一方の世界がもう一方の世界に入り込んで、混ざり合って、初見では気にも留めなかった出来事に新たな解釈を植え付ける。息つく暇もなくどんどん突き進む展開に付いて行くと、気づけばエンドロールを眺めていました。

インタラクティブフィクション、ノベルといったジャンルにはあまり触れていないせいでしょうか、ちょっと未体験な衝撃でガツンとやられました。こんな面白いものを知らずにいたのか!新たなジャンルへの興味を抱かせてくれた点も含めて、上半期ベスト候補!