ねぶそく裏表紙

遊んだゲームの感想を残してます

Celeste

f:id:ne63q:20180410022529j:plain

Steam:Celeste

豊富なギミックで彩られるステージは一見複雑なパズルのように見えるものの、少し触れると辿るべき軌跡が浮かび上がる絶妙な仕上がり。そして目の前で要求されているアクションを連想し、これ届くのか?間に合うのか?と不安を抱きながら歩を進める。

延々とリトライを積み重ねる内に、画面の前の私は気が付くと前のめりの姿勢。熱を帯び半ばヤケになっていくプレイヤーですが、Celesteの物語は非常に内省的です。

鬱病とパニック障害を抱えた主人公マデリンは、神秘が宿るセレステ山の登頂を通じて自分自身と向き合い、己を癒す何かを追い求める。地上から遠ざかるにつれ、自問自答は幻覚や超自然的な現象へ姿を変えていき、立ち塞がる障害も山頂に近づけまいと複雑さを増していく。

ある程度進めたところで、全力の挑戦の合間にマデリンの物語が挟まれていくのは食べ合わせが悪くないですかと心配したものの、むしろ、高難易度プラットフォーマーで味わう悲喜こもごもの体験が、私とマデリンの物語との距離を縮めてくれた。

セレステ山の登山といいつつも、私が操作するのは登山途中で訪れる廃ホテルや遺跡といったロケーションで、どちらかというと横スクロールアクション成分が多め。が、そんな私のわだかまりをぶち抜くかのように、終盤はほぼ垂直に切り立った崖壁を蹴り、上へ、上へと突き進んでいく。

レベルデザインやプラットフォーマーとお話の絡み方や背中を後押しする音楽やグラフィックなど魅力を挙げると枚挙にいとまがない本作ですが、終えた後大好きな作品になった理由はなんだろなと振り返ると、私は上へ登るのが好きな動物なんだなと気づきました。

今まで知らなかった一面を知ることが出来た、こんなゲームは今後も大切に触れていきたいと思います。

暖かくなってきたのでぼちぼち更新再開します。2018年もヨロシクお願いします。