読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねぶそく裏表紙

遊んだゲームの記録を残しています。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想

朽ちた石橋をおそるおそる渡っていると、遥か前方で、大きな、白い旗が風になびている。しかし、旗を支える支柱が目に入らない。それは空に漂う龍の姿だった。大雑把な遠近法から判断するに、トンデモなくデカい。敵か?味方か?食べられるのか? 見知らぬ何…

Beeswing

Steam:Beeswing 水彩絵具で描かれるスコットランドの片田舎「ビーズウィング」が舞台となるアドベンチャーゲーム。 謎解き要素は皆無で、本作の骨子は住民との語らいです。 個性豊かな住民が語るお話はとてもユニーク(内容が抽象的、または支離滅裂で頭に…

Hidden Folks

Hidden Folks (PC,iOS) 手書き風のタッチで描かれる世界を覗いて、隠れた住民を探し出す。 人や動物に機械類。それぞれがそれぞれの行動様式に則って、細々と動く姿がとても愛らしい。彼らの動きは一つのパターンを繰り返す単純なものですが、これが画面を埋…

Leaving Lyndow

Steam:Leaving Lyndow まだ見ぬ世界を夢見る女の子。ある日、憧れの海洋調査隊の一員に選ばれます。家族や友人、慣れ親しんだ場所に別れを告げて、出航のベルと共に大海原へ繰り出す所でおしまい。40分でクリア。 船出で終えるのはいいと思います。作品名の…

Strange Telephone

Magniflop | yuta — Strange Telephone 車のナンバープレート、取引先の名刺に記載された電話番号、折込チラシに踊る価格やグラム数。 日常で目に入る数字をそのまま、もしくは6桁になるように削って、組合わせて、電話をかける日々を送っています。 生み出…

Donsol

Donsol by hundredrabbits 54枚でひとつのダンジョン。 ♦の盾を携えて、♥のポーションに酔いながら、♠♣のモンスターを薙ぎ倒す。 山札を使い果たせば*勝利*。

Bamboo EP

Steam:Bamboo EP 3本の竹ゲーム集。 Bamboo Heart 斬るか斬られるか、高速チャンバラゲーム。 前傾姿勢からゆっくりと脚を動かし始め、トップスピードに至るまでの一連の駆ける描写や、カタナが重なり合う際の音とエフェクト、刺客に近づくにつれ音が増して…

Oxenfree メモ

OXENFREE | Night School Studio 2016年ベストADVとの呼び声も高い作品。本作のストーリーは会話劇の形を取り展開する。じっくりと文章を読む暇は与えてくれず、主人公が発しようとする言葉、つまり私に与えられた選択肢は時間と共に空に消え、その場合は沈…

The Lion's Song

The Lion's Song: Episode 1 - Silence 創作活動に潜む「産みの苦しみ」に焦点を当てたポイント&クリックアドベンチャー。 本作の主人公であるウィルマは、ウィーン国立音楽大学に通う音楽家の卵です。まだ学生ながら、耳の肥えたウィーンの聴衆も唸らせるほ…

GoNNER

調子はずれな音楽を鳴らす蓄音機と、葉の代わりに首をぶら下げる樹。傍には死神が佇んでいる。自分には首がない。 道なりに進むと限りなく蛇に近い何かがいた。近づくとがぶりと飲み込まれ、辿り着いた先には 色鮮やかな地獄が待っていました。 様々な武器と…

SOMA(2)

控えめに言って最高でした

SOMA(1)

海底散歩

Hue

灰色の世界をいろいろな色で染めつつ解き進むパズルADV

VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action

Time to mix drinks and change lives

アウェアネス・ルームズ

わさわさしている

Replica

スマートフォンを媒体にしたテキストアドベンチャー

Lovely Weather We're Having

少し猫背

The Flame in the Flood

水没した南アメリカを舞台にした川下りローグライク。 傍には屋根に大きく書かれたSOSサイン。UIをざっと眺めると自分の空腹度に水分、体温など。サバイバルゲームでよく見る項目が並びます。 このまま死を迎えるのもなんですので、近くにあったイカダに乗り…

『Flywrench』 『It's Spring Again』

2本立て

MechaNika

可愛い顔して

Pony Island

「ポニーアイランド」という言葉の響きから、なんだか牧歌的なゲーム内容を勝手に想像しました。その印象はプレイ開始1分で吹き飛ぶことになります。 New Gameの文字をクリックすると先程までの少々ドギツイ配色のタイトル画面とは打って変わり、モノクロの…

Dropsy

ピエロを生で見たことがない

Hylics

記念すべき一記事目