ねぶそく裏表紙

ゲームの感想です。週一で更新…したかった…。

Off-Peak

f:id:ne63q:20170917113915j:plain

Steam:Off-Peak

 一人称視点のアドベンチャーゲーム。

「私」の目の前に乗車扉の閉まった電車が佇んでいる。どうやら電車から降り立った場面のようです。後ろを振り向くと、巨大な時計を掲げた建築物がそびえており、とりあえず、あの建物に向かおうかしらと歩み始めたのも束の間、ベンチに腰掛けた怪しげな男に呼び止められます。

「ロウェイトンに向かうのか?」

私はロウェイトンに向かう途中だったのか。ロウェイトン…アメリカはコネカチット州にある駅名と出てきました。会話は続き、決して安くはないロウェイトン行きの乗車チケットを無償で譲ってくれると言います。しかし、チケットは幾つかの破片に千切れ、前方に見える駅の構内に散らばっているとのこと。

チケットの破片を拾い集めるため駅に足を踏み入れた瞬間、視界に飛び込んでくるのは広々とした構内と、そこに所狭しと配置されたポスターや彫刻、グラフィティといったアート群。

恐らくグランド・セントラル駅をモデルにしたこの場所を、アート作品に見守られながら、破片を求め右往左往することになります。

駅ですから、いろいろな事情や目的地を抱えた人たちが集まっています。近づく私には目もくれず仲間内で話に花を咲かせる人、目線は合わせてくれますが内容が抽象的で私というより自問自答のような話しぶりの人、「巨人」がピアノを演奏するのを拒みどうしようかと頭を抱える人。前後の脈絡が不分明な所に放り込まれ、途方に暮れてしまいます。巨人?

構内の非日常な景色に囲まれて、ずっと浮足立つ思いで歩き回ることになります。しかし、店頭の商品を盗み食いして怒られるといった俗な出来事も起こり、捉えがたい会話の中に複数の人から発せられる共通の話題(この駅を支配するマーカスなる人物、サーカスと呼ばれる団体など)を聞くと、どうもこの世界は思ったほど支離滅裂というわけでもなく、最低限の秩序はありそうだとほっと一息、よし作品に潜むものを読み取ろうと襟を正したのも束の間、ホワイトアウトしてキノコに囲まれた場所で目を覚ます。夢心地がどこまでも付き纏って離れません。

ゲームも含め、エンタメ作品に対して「ここではない場所へ連れて行ってくれる」といったニュアンスの評をよく見かけます。現実を忘れさせてくれるような、今まで味わったことのない感覚を与えてくれる体験を指しているかと思われますが、私にとって本作は、プレイ当初はこの分類に属しながらも、次第に「何処へ連れて行かれるんだ」という怖さが帯び始めていきました。

チケットの破片を集め、余韻といううっとりする言葉とは少し違う、一種の後味の悪さを残し駅を発つまで1時間弱の体験。ビジュアルと音楽(サイケデリックなエレクトロニカ?所々ジャズ。)と語りが奇天烈に溶け込んだこの駅は、「私」と同じく無料で訪れることができるので、是非。

cosmoddd.itch.io

精神的続編「The Norwood Suite」が来月に発売されるようです。舞台はホテルとのこと。これまた色々な事情を抱えた不特定多数の人が集まる場所で、楽しいことが起こりそうですね。

Tiny Echo

f:id:ne63q:20170903150223j:plain

tiny echo | Might and Delight

単眼っ娘が手紙を届けるポイント&クリックADV。

Humble Monthlyってご存知ですか?月額10ドルで毎月7,8本の作品が届く神ゲーなんですけど、数か月前に本作品の開発途中版が購読者特典として配布されまして、それ以来、頭の片隅で存在感を放っていた作品でした。

開発のMight and Delightは「Meadow」や「Shelter」シリーズの産みの親。目を引くアートワークで手に取らせ、独特なエッセンスで唸らせるスウェーデンの職人集団でございます。お国柄もあって、ここの作品は自然崇拝をうまく落とし込でるなぁというイメージですが、こちらの「Tiny Echo」からもそんな要素を受信しました。地上が荒廃、精霊にお願い。

しばらく遊んでいて気づきますが、この世界、葉擦れの音や動物の鳴き声といった自然の息遣いは時折耳に届いてきますが、言葉や文字が一切出てこないんですね。非言語なゲームって別段珍しくありませんが、遊び手の心をガッチリ掴むか捉えられないか、非常に危うい表現方法だと思います。途中で飽きるどころか、興味を抱かせるに至らないまま、そっぽを向かれることだってあり得るんですし。

んじゃあ、僕はどうだったかと言いますと、堪能しました。

理由は2つ。絵が綺麗です。身も蓋も…ですが、綺麗なものっていつまでも眺めていたい。ただ、それだけじゃなくて冒頭で荒廃した地上の描写があり、地面に大穴が空いていて、そこに潜るとこの世界が姿を現す、という前振りが大きかった。2つ目は手紙。言葉も文字も出てこない(少なくとも僕の目に映る形では)状況で、せっせと手紙(の形をとったもの)を配りまわっているのが何だか可笑しくて。何が書かれているんだろうか、誰がしたためたものなのなんだろうかと、ぼんやり考えているうちに13通配り切っちゃいました。このゲームは13通の手紙を配ることが目的です。

あとは、パズル要素ありと表記されていますが理詰めで解きほぐす類はなくて、ちょっと環境にちょっかいだして自然の反応を楽しむようなものです。なので「詰む」といったことには陥らないと思うのでご安心を。ささやかな仕掛けも相まって、しかけ絵本を読んでいるような気分に浸れたよ。

暗示的な描写が続くけど筋書きは比較的掴みやすいかな。あぁ、ですが、なんでこの子一つ目なの?地上の人たちは宇宙服の金魚鉢を被っているわけじゃなく目がないのか?などなど…気にし出すとキリがないね。

次は「Samorost」を遊ぶ予定。